2011年11月 « トップへ » 2012年1月

2011年12月 1日

マイクロスコープを使った根管治療

マイクロスコープを使った根管治療
歯の神経がダメになり、何度も腫れて痛む場合や他の歯科医院でやった根管治療の結果が思わしくない場合、歯を残す治療法として考えられるのが、「根管治療」とよばれる治療方法です。 この根管治療をきちんと行えば、中で割れていたり、骨まで進行した虫歯でない限りは、虫歯に侵されてしまった歯を助けることができます。

具体的な治療方法としては、歯の神経が入っていた部分(根管)を専用の器具を使い、きれいに洗浄。薬を詰めた後、つめものを被せます。「虫歯が進行してしまい、痛みがひどい」「歯をできるだけ抜きたくない」という方におすすめの治療方法です。

その際、マイクロスコープを使うと、肉眼では見えなかった別の根管、根管内の汚れ、歯根のひびや亀裂などがよく見えるため、再治療の精度を上げることができます。時間と費用はかかっても、できるだけ自分自身の歯を残したいという方にはおすすめの治療方法です。

また、「抜歯前の最後の砦(とりで)」
神様・仏様・澤田様(?)の名医「澤田則宏先生」に御紹介することも可能です。


2011年11月 « トップへ » 2012年1月


コールバック予約